アドトラックやラッピングバス運行管理専門会社 株式会社フレッサのプロモーション走行は抜群

移動広告媒体を自由にあやつる

運行専門会社ならではの走り

アド走行・アド走り

あまり多くはHP上では語れませんが、実際にそのノウハウとは、どんなものなのでしょうか?
1.渋谷スクランブル交差点に必ず先頭で停止する為の、スピードコントロールは?
2.渋谷スクランブル交差点に、一時間に何回露出する事が出来るの?
3.店頭イベントがあります。より多くの露出走行ルートをお願い出来ますか?
4.新宿通りアルタ前信号に、必ず止まる為には3丁目交差点から何キロで走るの?
5.今日は渋滞が酷いです。避けながら露出ポイントに沢山出てきて欲しいのですが?
6.名古屋・大阪・仙台・福岡も御社は、自慢のアド走りが出来るのですか?

 例えですが、こんなことが良く聞かれます。答えは一度お試し頂ければと思います。

蓄積されたノウハウ・経験

sukuranburu.jpgP1020560.JPG


 プロモーション走行において、場所・曜日・時間そして掲出広告のターゲット層を読むのは大事であります。フレッサでは掲出広告に合わせた、エリア内の走行ルート設定や時間配分にも注意しています。情報共有しています。
【良い例】◎
・ビジュアルロックバンドのファン層が沢山いる原宿駅周辺を重点強化した。
・F1層の掲出広告に合せて、渋谷スクランブル、109道玄坂・文化村通りを走行した。
・サラリーマン層に合せて、新橋・虎ノ門を走行し、夜は銀座・六本木に移動した。
【悪い例】×
・走行距離を稼ぐ為に、246号や明治通りを沢山往復して露出してきた。
・祭日で人が多いので、センター街・文化村通りは避けて走行した。
・運行半分の時間に差し掛かったので、人は多かったが休憩時間に入った。

道路交通法を遵守しています

 交通状況が悪い中、危ない運転が目立っています。その状況下で車体広告車両を運行するには、常に危険が伴っています。フレッサの自社ドライバーは、道路特性や交通状況を熟ししていますので、危険予知走行が常に行えるよう日々訓練をしています。
 行く所は行く、止まる所は止まる、譲り合いの大切さ、バスやタクシーなどの営業車両にも十分配慮してPR走行をしています。