アドトラックやラッピングバス運行管理専門会社 株式会社フレッサのクイックジップ取付 ラッピング施工

広告シートの施工

出来る事は自社でまかなう

クイックジップ施工

_fresaP1020920.JPGフレッサでは、新しい広告シートの施工を自社で行っています。施工外注費をなるべく抑える事。大切な車両だからこそ『監修から取付・貼付まで自分達で出来る事はやる』をモットーにしています。
 最近のアドトラックの主流は『クイックジップ』という取付方式が多く、弊社でも取付工具(通称:コロコロ)を用意して、施工しています。シートの張り強さも自分達で加減が出来るので満足いく張りあがりにする事が可能です。
 作業も手馴れていますので、アルミレールも傷める事無く4トントラックであれば、2人で数時間で張り終わります。

塩ビフィルム施工

IMG_1705.JPGラッピング用フィルムと言われる、塩ビラミネートフィルムの貼り施工もフレッサ自社で行います。手が足りない時は職人さんを呼ぶこともありますが、基本的に内製化に成功しています。フィルムも良し悪しありますので、素材の選定から監修を行いクオリティー高いラッピングカーを作り上げます。
 部分部分では、ヒートガンも併用し、傷・気泡・折目などが付かないように最注意をしています。また運行の会社でありながらも、『大型ジェットヒーター』まで完備しており、大きな車両や、真冬・深夜の貼り施工にも対応するようにしています。

無理なお願いにも対応

 クイックジップ方式&フィルム貼サイドスカート使用の車両であれば、タイトな張替えにも対応しています。
当日夜終了~夜間施工~翌日意匠チェンジで運行開始、といったことも行います。
 お客様の掲出日程のニーズに沿えるように、努力しております。