アドトラックやラッピングバスなどの車体広告の媒体特性

車体広告の媒体特性は?

特徴1:ピンポイントで使用可能

P1020560.JPG短期間使用可能で、準備期間も短い

 屋外看板広告や交通広告などに比べて、該当する車体広告に空枠さえあれば、準備期間も短く、即使用する事が可能です。
 イベントやWeb、TVなどとのクロスメディアプロモーションにおいても、移動媒体であるため、場所・日程・時間などを自由に組み合わす事が出来ますので、ピンポイントに広告掲出することが可能です。また掲出期間も最短で1週間から可能ですので、余分な期間のコストがかかることもございません。


特徴2:視覚・聴覚への訴求

P1020504.JPG音が出る!光る!

 屋外メディアでは、今まではビジョン放映しか音の出る媒体はありませんでした。日没以降アドトラックは、箱内の光源システムにより光を放ち内照式の広告シートに変化をします。
 また既存の車体広告車両には、音響装置が完備されおりますので、街行く人たちへ音の出る宣伝、聴覚をくすぐるプロモーションも可能です。
 人間は動いている物には反応する特性がありますので、まさに光って!音が出て!大きな看板広告が動いてる!既存広告媒体に比べて訴求効果のある媒体です。


特徴3:プロモーション特性に合わせた機動力

IMG_1419.JPG日本全国どこでも、プロモーションのフィールド

 車体広告の媒体特性として、忘れてはならないのが移動出来ることです。全国キャラバンや、5大都市巡回、複数台で同時宣伝など、掲出の期間・時間・場所などといった特性に合わせた機動力あるプロモーションが可能です。1日に2箇所でイベントを開催したい。ターゲット層のいる時間に合わせた露出を行いたい。などといったご要望に応えられるのも車体広告ならではです。


特徴4:多彩な車種による選択が可能

ロアビル前_3台連結①.jpg小型~大型、トラック・バス・トレーラーまで

 看板広告に場所や大きさがあるように、車体広告にも様々な車種がラインナップされています。フレッサでは、可愛い特徴的なワーゲンを改造した内照式トラックから、標準的な4トンのアドトラック、異色な日本に1台アメリカントレーラーヘッド、キングオブラッピングバスとまで言われた凹凸面の少ないアドバスなど、希望車種、ご予算、期間などに合せて多彩にラインナップされた車種をご提案することが出来ます。