アドトラックやラッピングバス運行管理専門会社 株式会社フレッサの運行管理

運行の専門会社って・・・?

ただ運転してるだけじゃないの?

秘伝なノウハウがつまってます

株式会社フレッサは、アドトラックやラッピングバスといった車体広告・移動媒体の運行を専門に行っています。
 『アド走行』『アド走り』(フレッサ命名)に徹底する為に、熟練の経験豊富なスタッフやドライバーを主軸に、日々勉強会・反省会を続け、従業員一同レベルアップ・スキルアップをしていきながら、お客様に満足して頂ける走行、街行く人を魅了し続ける走行を継続しています。

ロアビル前_3台連結②.jpg

 アドトラックやラッピングバスというと、斬新な広告面を掲出させながら、独特なフォルムの車両を想像されると思います。屋外広告の新しい媒体として、TV番組、ドラマ、商品CM、新譜音楽、DVDなど様々な広告のクロスメディアに使われる程、人気の高い媒体です。
 その車体広告もドライバーのスキル・走行方法・経験などにより、効果が出てこないとうのも少なくはありません。きっと『ただ時間内走っていれば良い』、『年齢も年齢だから人が多い所は嫌だな』そんな気持ちで運転をしている事でしょう。
 はっきり申しますと、走り方で露出回数・訴求効果は変わってきます。

ロアビル前_3台連結①.jpg

車体広告に従事し運転する人には、派遣ドライバー、運送会社のドライバー、バスドライバーなど・・様々な会社に属しております。フレッサは全員プロモーション走行のプロドライバーです。
 街で!渋谷スクランブル交差点で!ゆっくり見てみて下さい。フレッサ運行車両の、走り方・止まり方、曲がり方が微妙に違う事に気づくはずです。

P1020419.JPG

常に努力をしています

 フレッサの車庫には運行管理者が常駐しています。当日運転するドライバーの、体調管理監督や、昨日の反省・今日の目標、課題などを点呼をしながらヒアリングしています。 
 社長を筆頭に従業員全員が運転をします。各自運転前には『今日の目標』を掲げます。プロドライバーとして、アドドライバーとして意識高いドライビングを継続しています。良くお客様からは『フレッサの運行は安心出来ますね』『レベルが高いですね』などのお褒めの言葉を頂いております。

例えばなんですか?

 私は渋谷・新宿などの街に良く行きます。運転をしに行くのではありません。アドトラック&アドバスを見に行きます。
 街の中に埋もれること、歩行者になること、見る立場になることは大事だと思っています。
『音が出る車は、何キロがスピードの限界か?』『ボリュームレベルってどの位がいい?』『交差点の先頭に止まるには、何キロで走ってくればいい?』
そんな事を常日頃意識しながら、自社のドライバーの走りに『合格点』をつける為みんなで力を出し合っています。
『そこまでやるか!』と良く言われますが、『そこまでやります』
運行専門会社としてのプライド、そして車体広告業界をルール・マナー良く遂行していく為のリーディングカンパニーを目指しているからです。